Column

2018年Atlya参宮橋を振り返る上半期
2018.1〜2018.6 上半期のAtlyaとワタシ

四半期毎に振り返る【1〜3月】

  2017.11.1に出会ったAtlya参宮橋物件

2018.1に契約



この仲間で未知の境地に行く様な気分…だったというよりは、 明確な体現のイメージと、頭で絵は見えていたから前に進むのみだった。

それこそ、キャリアってこういう事かというくらい、ここ5年程で積み重ねてきた成功失敗体験が元にあって、この場所で新たな延長線ができる!と。

そう思うと早くて、仕組み化は1.2ヶ月で出来ちゃう。それがクリエイティブ起点のスタートアップの強さ。余白があっても始められることも同様。

30枚に及ぶAtlyaの企画書から始まった体現型ストーリー。

2018第1四半期は、
『本来のワタシを生きるスタート地点』


 

四半期毎に振り返る【4〜6月】

4月に入り、渋谷13番口にあったオフィスから参宮橋へお引越し。



4/3引越しのカオスもさることながら、4日後4/7にはレセプションパーティー!


レセプションパーティのレポートはこちら
2018.4.7 Atlya参宮橋レセプションパーティー
そして4/9にOPENしたアトリア。


その時点でコアメンバーが20名ほど集まっていた。つまりこのオープンが0スタートでは無くて、今までのエモーヴが積み重ねたきたご縁から全てが始まっていて、余白が多い場所だからこそ、そこを埋める当事者意識が生まれる。

(←この時点で集まってきた人は、本当に凄いアンテナを持ってるし冒険者でもある。だから私たちの未来拡大地図には焼き付いてる人々。 )
というとカッコいいけど、もう不安も沢山でした笑

何回も火災報知器鳴るし、消防車くるし、看板もまだ無いし、
スタッフも揃って無いぶん、皿洗いからランチ提供する日もあれば、
金庫管理の経理から経営に関わる未来創造までぜーんぶぜーんぶやる。
ワークショップ・イベントもこれでもかっと繰り返し開催していました。


 
そんなこんなで、目眩をおこしながらも、大きな歯車をまず一生懸命押す!

2018第2四半期は、
『言うよりやれ!考えながら動かせ!』

そんな時期でした。
4月8日オープン前日の投稿↓

カフェラウンジ型コークリエイションスペースAtlya参宮橋

この『コークリエイション』
抽象的に思えるかもしれませんが、私に見える未来の絵には、くっきりとコークリエイションが導く先に、より大きな前進を感じています。
何かをシェアする・分け合うだけでは無い、それぞれがそれぞれの役割で活かされ交わる事で、より豊かなものへ前進する。相乗効果をもたらすのがコークリエイション。
コミュニティの必須条件である安心・安全はマネジメント思考で考えると、少しずつ少しずつ時間をかけて衰退すると考えられています。
そこにコークリエイションが入る事で、摩擦や不安、不信という感情が生まれる。
それは『自分と違う』から。自分と違う考え、やり方に恐れが立ち上がる。
でもそもそも人は一人一人『違う』。違いがあって当然で、変わらなくて良いし、変えない中でどう一緒に創っていくか、と考え、対話を手段にして分かち合う事で、それぞれの役割がくっきりとして強みになる。
そして違うからこそのチーム力がより大きな前進を産む。

それこそが私が見えている未来で、ここからの伸び代だと思っています。


“2018下半期コラムはこちら”

by macco(Atlya執行役員/コミュマネ)
この記事を書いたのは…

iosawako