スポット(不定期)イベント

【オンラインzoom開催!】Social Cinema Dialog
ソーシャルシネマの鑑賞会を開催します!


映画を通して世の中のあれこれを感じる・考えてみるきっかけに出来ればと思い
定期的に映画鑑賞とそこに絡めたワークショップやトークイベントなど、よりその映画におけるテーマを深堀り出来るような機会を企画しているAtlya。

STAY HOMEのこの時に、ご自宅からシネマダイヤログに参加しませんか?

開催スケジュール 8月22日(土) 0円キッチン
9月26日☆(土) SEED シード~生命の糧~ (夜の部のみ)
10月24日(土) フォークス・オーバー・ナイブズーいのちを救う食卓革命
11月28日(土) トゥルーコスト
12月19日(土) デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり

昼の部:13:00~15:15
夜の部:19:00~21:15
当日スケジュール 13:00~14:30/19:00~20:30 映画 鑑賞会(90分の映画となります)
14:35~15:15/20:30~21:15 感じたことのシェアなどプチ交流会
申し込み 必須 Peatixより
https://peatix.com/event/1577447/view
参加費 1回:1,500円 (クルー料金*):1,000円
*8月限定!お得な5回チケット:5,000円
会 場 ご自宅よりオンライン会議ツール「 ZOOM」にて参加!
参加方法 peatixのメッセージで開始の20分前までにzoom参加へのリンクが届きます。
クリックしてミーティングにお入り下さい。開始の5分前にご入室ください

内容

<0円キッチン>
世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく廃棄されている。その重さは世界で毎年13億トン。「捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」と考えた食材救出人のダーヴィド。植物油で走れるように自ら改造した車に、ゴミ箱でつくった特製キッチンを取り付け、ヨーロッパ5カ国の旅へ出発。各地で食材の無駄をなくすべく、ユニークでおいしく楽しい取り組みをしている人々に出会いながら、食の現在と未来を照らし出していくエンターテイメント・ロードムービー。
20世紀中に種子の94%が消滅 種子の多様性が失われている
私たちの命そのものというべき種は、1万2千年以上もの間、世界中の人々によって大切に受け継がれてきた。しかし、驚くべきことに20世紀中に野菜の種子の実に94%がすでに消滅。気候変動や、世界の種子市場を多国籍企業が独占するようになったことが大きな要因だ。市場には遺伝子組換え作物(GMO)が登場し、多くの国々で農家が種子を保存し翌年蒔くことが禁止されるようになった。結果、古くからの農業の伝統が途絶え、人類史上最も早いペースで種子の多様性が失われているのだ。
<フォークス・オーバー・ナイブズ– いのちを救う食卓革命>
約半数の国民が何らかの薬を常用し、3人に1人が糖尿病を発症、毎年100万人が心臓疾患とガンで命を落とすと言われているアメリカ。医療費の増大が社会問題となり、ダイエットが注目を浴びる一方で、真の問題は見過ごされたままになっていた。しかし、動物性食品こそが不健康の原因だと唱えるこの映画は、問題の本質を明らかにし、多くの人々の支持を得て全米で大ヒットを記録することになった。
本作には実際に菜食主義を実践して、病から立ち直った多くの実例が紹介されている。それと同時に、菜食を阻む見えない力についても言及している。菜食主義は極端だという偏見、加工食品に偏った手軽な食生活。食品業界の意向が優先される学校での食事プラン。肉を食べないと力が出ないという思い込みなど、日常に潜む問題点に警鐘を鳴らす。見れば自分の食生活を見直すきっかけになるはずだ。食(フォーク)はメス(ナイフ)を征するという事実を明らかにする衝撃作である。
<トゥルーコスト>
この数十年、服の価格が低下する一方で、人や環境が支払う代償は劇的に上昇してきた。本作は、服を巡る知られざるストーリーに光を当て、「服に対して本当のコストを支払っているのは誰か?」という問題を提起する、ファッション業界の闇に焦点を当てたこれまでになかったドキュメンタリー映画だ。
この映画は、きらびやかなランウェイから鬱々としたスラムまで、世界中で撮影されたもので、ステラ・マッカートニー、リヴィア・ファースなどファッション界でもっとも影響のある人々や、環境活動家として世界的に著名なヴァンダナ・シヴァへのインタビューが含まれている。またフェアトレードブランド「ピープル・ツリー」代表サフィア・ミニーの活動にも光を当てている。私たちは行き過ぎた物質主義の引き起こした問題に対して、まず身近な衣服から変革を起こせるのかもしれない。
<デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり>>
映画『シャイン』のモデルの愉快なリアルライフが今、明らかに!
【1997年アカデミー賞受賞作『シャイン』主人公モデルのドキュメンタリー】
天才ピアニストとうたわれたデイヴィッド・ヘルフゴット。
やがて精神を患い11 年の闘病⽣活。
奇跡の復活を果たした彼の⼈⽣は⽣きる喜びに満ちあふれている。
ふたつの個性が共振することで⼈⽣の豊かな⾳⾊が⽣まれる。
奇跡的な夫婦愛を描いたドキュメンタリー。

ファシリテータ

+藤田 円  ホメオパス、自然療法ジャーナリスト 「楽しく幸せに健康に暮らすために」をキーワードに建築を学び、自然と歴史環境の保存に携わる。本場のナショナルトラストで働くために渡英し、自然療法と出会った。
英国にてガーデナー、教会建築士として働きながらSociety of homeopathsの認可校であるSouth Downs School of Homoeopathyで4年間のトレーニングの後、ホメオパシーの資格取得。2009年に日本に帰国し、英国と日本を往復しながら、北海道から沖縄までの日本各地にて英国で体験した自然療法と文化を紹介する活動と健康相談などを行っている。
https://circulus.jp/

+井尾さわこ 株式会社エモーヴ・You be You株式会社 代表取締役 
大阪芸術大学卒業後、グラフィックデザイナーとして経験 を積み、音楽活動・アクセサリーブランドを立ち上げフリ ーランスとして活動。その後、2012 年STRAMD にて経営課題を最新のデザイン思考で解決する事例を学び 株式会社エモーヴを設立。ブランディング・ソーシャルデ ザイン事業を展開する中、2014 年から女性の社会での活躍をテーマに「自分の生き方を自 らクリエイトしよう!ワタシクリエイト」をコンセプトに したイベントを企画・開催している。2018年「ワタシ クリエイトされた人のための100CUSTOM 100LIFE」をコンセプトにしたカフェラウンジ型の コークリエイションスペース「Atlya参宮橋」をオー プン。
自分の幸せから始める半径3mから広げるソーシャルデザ インを提唱している。

*参加対象者:日本国内在住者となります。ご了承ください。
この記事を書いたのは… 尾崎 加奈子

尾崎 加奈子

PICKLES Eng. 所属/WEBデザイナー、イラストレーター