Report

2019.3.29 IZUMI-SO名古屋レセプションパーティー Report
\姉妹店連携/築52年のビルを再生しコミュニティという命を吹き込む物語

Atlyaの運営元でもある株式会社eMORVが、立ち上げにあたりブランディングデザインからロゴやサイン・リーフレットなどの表層的なデザイン、そしてコミュニティマネジメントの導入までサポートさせて頂いたイズミソウ名古屋プロジェクト。


2019.3.29に開催されたレセプションお披露目会をレポート!

当日まで急ピッチで進められたビルのフルリノベーションも、正直52年のビルとは思えない!見違えるほどのデザインと、道路側にはイズミカフェが併設され、歴史ある名古屋泉の鍋屋町通りにも自然と馴染む設計と。


そして表にはIZUMI-SOロゴに合わせて壁に並べられたピクトグラム。


その上には!? 遊び心満載のシャワーが!

オーナー名倉さんのイズミソウに掛けた願いでもある『八紘一宇』全世界をひとつの家のように、ここに集う仲間がひとつ屋根の下で共に学び・共に成長し合うそんなコミュニティの象徴になっています。(本当に水も出る…)

フォトスポットとしてここに集う人々の憩いのベンチになること間違いなし!



2階〜4階はシェアオフィス・固定オフィスと多様なビジネスフェーズのメンバーが集い、それぞれのセカンドアップへと昇華する、そんなプラットフォームになっています。ルーフトップや固定オフィス利用者のシャワーブースも完備。

そんなイズミソウの全貌を観ようと、レセプションパーティーには多くの方が集い、祝福ムードでパーティーが始まりました。
司会からイズミソウの概要が紹介され、オーナーからはここに至るまでのご縁とそこにプロジェクトメンバーとして関わった皆さんの紹介。

築52年という半世紀を、時代の変化と共に過ごしてきたビルとの出逢い。最初は木造の家屋があった形跡と、その上からコンクリートのビルを継ぎ足した現代には無いビル構造。1階は倉庫として使われていただけに、天井も高く開放的とビル修繕企業だからこその技術担保されたフルリノベーション。


プロフェッショナルな方々が集ったプロジェクトだからこそ、妥協無しの仕上がりとなり、名古屋でもひと際目を引くデザイン・コンセプトとしてリスタートを切りました。

IZUMI-cafeは名古屋でも初の定額モーニングが設けられ、モーニングをこよなく愛する名古屋の文化と、そこで出逢う偶発的な出会い(セレンディピティ)をも期待できるコミュニティスペース。そのカフェからも華やかな映えるサンドイッチが列びパーティーを更に盛り上げてくれます。


 
そしてレセプションパーティーでありながらも、共に学ぶことを大切にするイズミソウらしく、セミナーも用意されていました!
リノベーション協議会会長である内山氏とオーナー名倉氏、そしてAtlyaからは井尾が登壇し、三者のクロストーク。

 

リノベーション業界においても、ただ箱を作るだけで無く、最も大切になってくる“コミュニティの必要性”や“他者との共創”、同じ考え方の人だけが集う場所では無く、違うからこそ活かし合えるコミュニティであることがこれからの時代に求められていることを、既に体感値として持っていらっしゃる内山氏。


(左)IZUMI-SO名古屋オーナー/ナグラ産業株式会社代表 名倉氏
(中)u.company inc代表/リノベーション協議会会長 内山氏
(右)Atlya/ワタシクリエイト主宰 井尾

  それはつまり目先だけでは無く、長期的な視野で観ていくことでもあり、それを人が集う「場」を創出する段階からイメージすること。
リノベーションという世界がハードを作るという枠だけに留まらず、長期的な人の生き方を捉えた視座に立っているということ。
改めて、Atlyaが目指し体現している世界と役割は違えど、捉えている未来が同じであることに気づいたクロストーク内容でもありました。

 
そしてレセプションパーティーを盛況に終え、翌日のマルシェも地域の方が多く期待を寄せていただくことがよく解る笑い声溢れる1日となり、 翌日2019年4月1日にIZUMI-SO名古屋はグランドオープンしました。



今回のイズミソウプロジェクトを通して、Atlya参宮橋という直営だけでなく、その土地に根付いたスピリットを持つ方々の大切なものを貫きながら、横につながって東京以外とも延長線拡大していくことが体現でき、Atlyaにとっても新たな機会となりました!

業界の枠も越え、更なるコークリエイションが加速するAtlya2019。お楽しみに!
この記事を書いたのは… 井尾さわこ

井尾さわこ


アトリア/ワタシクリエイト主宰 井尾さわこ 株式会社エモーヴ・You be You株式会社 代表取締役  大阪芸術大学卒業後、グラフィックデザイナーとして経験を積み、音楽活動・アクセサリーブランドを立ち上げフリーランスとして活動。その後、2012 年STRAMD にて経営課題を最新のデザイン思考で解決する事例を学び株式会社エモーヴを設立。ブランディング・ソーシャルデザイン事業を展開する中、2014 年から女性の社会での活躍をテーマに「自分の生き方を自らクリエイトしよう!ワタシクリエイト」をコンセプトにしたイベントを企画・開催している。2018年「ワタシクリエイトされた人のための100CUSTOM 100LIFE」をコンセプトにしたカフェラウンジ型のコークリエイションスペースAtlya参宮橋をオープン。自分の幸せから始める半径3mから広げるソーシャルデザインを提唱している。