Report

2019年9月9日 ワタシクリエイトトークイベントVol.02Guest 四角大輔さん
〜Life is Art 〜人生こそがアートだ〜

今回のゲストは現在10年間ニュージーランド(以下、NZ)の原生林の中で自給自足の生活を送ってらっしゃる自然作家の四角大輔さんをお迎えして、Atlyaでお話をうかがいました。 四角さんはAtlyaのあり方である「自分をまるごと愛せる生き方・自分の人生をクリエイトすること」という点に強く共感できると自らスクリーンの前に出てお話してくださいました。 そして、四角さんとAtlya代表である井尾さわこのそれぞれの人生で「自分をまるごと愛せる生き方・自分の人生をクリエイトすること」とはどうゆうものだったかを聞いていきます。

今回、お二人は対談の中でそれぞれにご自身をまるごと愛せる生き方ができるようになったきっかけをこのように話しています。

井尾は “〈過去ですら自分で編集できる〉ということを子どもから教えてもらった” 

四角さんは “本を書くことで〈言えなかった過去やダメな自分も丸ごと受け止められるようになった〉”

お二人に共通していた点は自分のこれまでの経験や体験を振り返る時間・心理的なスペースを持てたことによって、否定的になっていた過去の自分を肯定的に受け止められ「自己受容」が出来るようになったそうです。 自分の人生をクリエイトするという生き方について、四角さんはご両親の影響や子どもの頃から自然の中での遊び(特に釣り)の原体験から、〈本来の自分の姿〉を知っていたこと(〈自分とつながれている〉ということ)で社会に出て働いている時も周りの環境や人に左右されることなく「今の自分は〈仮の姿〉だ」と理解し、常に〈本来の自分〉を見失うことがなかったのだろうと感じました。

そのため、四角さんはモチベーションや行動力の上げ方をよく質問されることがあるそうですが、

“そんな暇があったら他人からの評価が関係ないところで自分が好きなこと・夢中になれることを見つけた方がいい。 僕が釣りや土いじりが好きだったように。”

とおっしゃっていたのが印象的でした。

人の〈幸せ〉というものが、均一的なものではなく社会からの評価などで決まるものでもなくなってきた今の時代だからこそ 〈自分とつながる〉ができた四角さんや井尾のメッセージからは力強さとリアルさを感じます。 これから社会に出る若い方や自分が自分ではない感覚に違和感を持って過ごしている社会人には、 お2人の言葉から〈自分らしい生き方のヒント〉がきっと見つかるはずです。 また、四角さんはNZに生活の拠点を置かれて10年ほど経つとのことでしたが、その際に念入りにリサーチをした結果NZと決めた訳ではなく、学生時代に友人がNZから送ってきた写真を見て「こんな美しい場所があるんだ・・・絶対に自分もここに行く!」とその時に決めていたのだそう。 そんなNZという国は、同性婚や手話の公用語化、労働者の最低賃金設定の早さを見てもマイノリティーに寛容であったり、原発を持たず再生化エネルギーも80%以上に達していることから自然環境にも非常に優しい国で、NZの社会傾向としては〈女性性の強さ〉を四角さんは上げていました。 “出典:English Hub/https://englishhub.jp” 実際に、NZでの女性の社会進出は世界でもトップクラスで国会議員の4割は女性を占めていますし、世界で起こる奪う・殺すなどの行為の7割は男性によるものであることからも「これからは安心安全で分断ないの社会を作るためには〈女性性が必要〉」と。 そして、「頭は思考や情報、胸は感情、腹は有機的発想・魂が宿る場所」と言われ、女性は腹(子宮)で考え、男性は頭で考える傾向が強いそう。より腹で決断できる女性には自分につながっている人が多いと四角さんは話していました。 それを受けて井尾は男性と女性の役割の違いを感じており、今後は男性脳・女性脳を上手く組み合わせることも重要だと話します。そして、そのためにはお互いが苦手や弱みを見せ合える、伝え合えることが大切だと自身のこれまでの経験から得た言葉で説明していました。 “クライアントさんの中でも、ブランディングをよく見せるためのイメージ作りと勘違いしている方も多いのですが、〈ありのままを見せる〉ということが本来のブランディングなんです。そうすると、自分の苦手な部分を埋めてくれる人が出現しますから。”

今後益々、先の分からないVUCA時代を生き抜く中で環境によっても女性性・男性性の変動はあるかもしれませんが、

“まずは丸ごと自分を受け入れ、認めることが大切。 そして、みんな違くて当たり前である世界こそが一人一人の【Life is Art】になる” とお二人は話されていました。

この記事を書いたのは… 佐藤 めぐみ

佐藤 めぐみ

佐藤めぐみ / コミュニティマネージャー 女子美術大学芸術学部芸術学科卒業。 学生時代からデザインやアートに学びの本質や楽しさを感じる。加えて、大学時代に生涯学習論を学んだことで、大人が学び続けることの大切さを漠然と感じていた。6年間、都内で民間学童保育スタッフとして勤務。子どもたちと共に生活する中で「子どもの社会は大人の作る社会の縮図」だと実感したことで大人の学びや内省の重要性を言語化できるようになり、子どもの気づきの場から大人の気づきの場へより関わりを持ちたいと思うようになる。 2019年8月からAtlya参宮橋にて勤務。 港区×慶應義塾大学のご近所イノベーター養成講座7期としても活動中。