キッチンから実践するNVC(非暴力コミュニケーション)〜お皿の上でつながるいのち・食べもの・私たち
2018/05/11 (金) 16:30 - 21:00

イベント詳細

NVC(非暴力コミュニケーション)では 「自分も、相手も、同じぐらい大切にしながらつながりをつくる」ことを目指します。 この理念を”人と人との関係”においてはもちろん、”私たち人間と周囲のいのちとの関係”にも向けてみるとどうなるでしょうか? 日常生活の中でも、いのちを与えてくれる食べものと私たちとの関係が見えるキッチンで実践する非暴力コミュニケーションを、 ぜひご一緒に始めましょう! 

食事について

ビュッフェは、体に優しい和食がメインの定食を提供しているCo-creation Cafe Lounge Atlya参宮橋に併設されるtsugugoto cafeとコラボ。
野菜料理は提携の無農薬農家さんから届く新鮮野菜で。また、ジュディスのレシピによる料理が出る可能性も。さらに第一部のWSではなんらかの形で参加者と一緒に料理する体験もできたら、と知恵を絞って準備しています。
*ビュッフェでのお飲物は別料金となります。キャッシュオン方式でお願いします。

◆対象者◆
①NVC(非暴力コミュニケーション)を学んでいる人、あるいは興味がある人。とくに学びを始めたけれども、NVCの言葉の使い方や語彙のリストに違和感があったり馴染めなかったり、難しさを感じ、感情やニーズを体感覚から経験したいと思っている人。

②NVCを学んだことはないけれども、対人関係や人と人との共感的なやりとり、人と自然との付き合い方および以下のようなキーワードに興味のある人。自分も環境も大切にする食材を選び、自分も含んだ持続可能性の追求、環境と調和した生き方、パーマカルチャー、トランジションタウン運動、エシカル購入等。

③NVCを仲間同士で勉強したり、自分なりに伝える機会を持っている人。食を切り口とする新しいアプローチによるNVCの伝え方を自分でも取り入れてみたいと思っている人。

④このお知らせを見て、ピンときた方はどなたでも!


◆当日通訳◆ 
安納献(予定)『NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法』監訳者 

◆企画・コーディネート◆ 
栗山のぞみ 
人が自分自身と、あるは別の人と、イマココで、あっちでこっちでつながって環になって。それらの環が重なりあってまたつながって。そうやって希望が生まれ育まれる世界を目指す《つなぐ環CH(Create Hope)》 主宰/NVCを知りたい人、学びたい人、NVCで在りたい人たちが互いに支え合う《NVC-Japanネットワーク》運営メンバー/フリーライター/女子栄養大学非常勤講師

◆協力&会場◆ 
Co-creation Cafe Loounge Atlya 参宮橋 
—————————- ◆NVC(非暴力コミュニケーション)とは◆ NVC(Nonviolent Communication=非暴力コミュニケーション)とは、コミュニケーションにおいて相手とのつながりを持ち続けながら、お互いのニーズが満たされるまで話し合いを続けていくという、共感を持って臨むコミュニケーションの方法です。 カール・ロジャ-ス博士の弟子のマーシャル・B・ローゼンバーグ博士によって体系付けられました。 頭(思考)で判断・批判・分析・取引などするかわりに、自分自身と相手の心(ハート)の声に耳を傾けて、今の感情(Feeling)・ニーズ(Needs)を明確にしていくことで、お互いの誤解や偏見からではなく、心からつながりながら共感を伴ってコミュニケーションをすることを主眼にします。 具体的には、「観察(Observation)」「感情(Feeling)」「ニーズ(Need)」「リクエスト(Request)」の4要素に注目しながら、コミュニケーションで起こっている問題・ズレを整理していくという方法をとります。こうすることで、自分の、また、相手の内側にある大切な思いを丁寧に扱い、ともに平和を創りだすことをめざします。
◆参考資料◆ 単行本「新版 NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」マーシャル・B・ローゼンバーグ著/安納献監訳/小川敏子訳
https://www.amazon.co.jp/NVC-人と人との関係にいのちを吹き込む法-新版-マーシャル・B・ローゼンバーグ/dp/4532321956/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1524027005&sr=8-1&keywords=nvc+本

動画 創始者マーシャル・ローゼンバーグによるNVC入門講座(日本語音声つき)
http://nvc-japan.net/material/video_nvc_basics/

講師:NVCトレーナー ジュディス・ワインストック

認定NVCトレーナーのジュディス・ワインストックさんは、マクロビオティックを広めた久司道夫ファミリーと長年の親交があり、マクロビ食および日本食にも詳しくレストラン経営経験もある料理人。 現在ご自身が生活している西海岸・ポートランド近郊のコミュニティでは、毎週2回ほど老若男女50名もが集まるコミュニティ・キッチンでの食事づくりを率いるシェフでもあります。 そんな彼女が食を通してつねにこころがけ実践しているのが「お皿の上のいのちとわたしたちのいのちをつなぐこと」。 今回のワークショップでは、ジュディスからキッチンからはじまる平和を学び、また食材を選ぶこと、作ること、食べることを通してNVCの在り方を体験します。


ジュディスからのメッセージ
約束してみませんか?  自分の持続可能性のニーズを満たすためにすべてのものとつながり、命を生み出す方法を選ぶと。 私は、自分が生きながらえるために、他者の持続可能性を犠牲にしたり、私たちを養う地球の健康を損なう方法を選びたくはありません。食べ物は、すべての命にとって根源的なニーズです。 私たちの日々の食事は儀式であり、それは地球上のすべてのいのちと共感的につながる機会です。 私たちの生存を可能にする地球への、思いやりとケアを招くものです。

開催日時 2018年5月11日 金曜日16:30~21:00
参加費 第1部+第2部=7500円、第1部のみ6,000円、第2部のみ=3000円
第1部 16:30-19:30 「キッチンから実践するNVC」ワークショップ 第2部 19:30-21:00 「食べて体感するNVC&交流タイム」夕食ビュッフェとQA
開催地 アトリア参宮橋 〒151-0043 東京都渋谷区代々木4-50-13-1F
問い合わせ manabi@atlya.jp
チケット購入先 https://peatix.com/event/377863/view