Column

NEW AGE/新しい時代がきます
ワタシはどんな生き方・働き方をしたいのだろう?

2019年5月1日新元号『令和』の時代がやってくる。

昭和・平成を生きて、いまここに立っている自分は紛れも無く積み重ねてきたキャリア(轍)があり。

第1子出産から10年。

10代・20代とキャリアウーマンを目指して、ただ前にある事に精一杯だったあの頃も、必死でノルマを追い続けたあの頃も、アドレナリンは出ていたし、何とも言えない高揚感があったから続けられたのだろうと。
でも確実に他者評価の中で生きていて、日々の達成が、誰かの評価、誰かの承認でしか感じられない状況だったことは確かで。
一本のレールの上を猪突猛進に進むことで視界が狭くなっていた20代。

そんな時に長男が生まれ、人生が180度変わった。

私からワタシではない人格が出てきたときに、繋がりは1つでも違う生き方があり、産み出す先にそれぞれの人生があるということ。ワタシとは違う感情があるということ。
こんなクリエイティブなことはない!

それは希望でもあり、ワタシを確認する鏡でもあり。

ワタシひとりの生き方なんて1本の糸のように“か細い”もの。でもその糸も家族や仲間と折り重なって、帯のように広がっていくことで、ワタシ視点からはじまる延長線が広がることに、一時の高揚感だけではない、幸福感を得られることがライフステージ変化の最大の経験値。

そして、その経験というものは安心・安全なコミュニティが担保してくれること。
でも安心・安全なコミュニティだけでは、社会の循環の中で生きるという車輪を前進させていくにはどうにも弱く、ワタシの原動力にはならない、というのも体感値であり。

何かを生み続けることで、期待感から未来を描き、アクションしながらもあと3歩くらいで到達なのに!と感じ続けること。
それこそがワタシ自身からの芽生えや成長につながっていくという仮説。



2019年のAtlya参宮橋は、通年を通して、
自己の延長線が拡大するコミュニティからの『経験』×対話を通して自己を深める『学習』
そこからのワタシクリエイト(ワタシを生きる)につながる場を用意します!

Atlya『NEW AGE』カフェ

Atlyaは他者とコークリエイションしながらライフ&ワークを前進していくプラットフォームです

違う役割や、違うライフステージ、違うセクターが共創するには?
そもそも人はみな違うこと。繋がっていても違う。じゃあ自分は何者で社会循環の中での役割は何なのか。
コミュニティという求心力は一歩違えば排他的・創造の無い世界を生むけれど、そこを越えるには?
違いからの不信感や恐れという感情と先ずは向き合う対話とは?

そんな問いを、昨年1年は実践的に体現してきたアトリアらしく、次はもっと外側の延長線上で、対話をしていこうと思います。

ワタシたちが『いま』話したい、一緒に深堀りたいゲストファシリテーターをお呼びしてますので、一緒にカフェをしながら楽しみましょう!!(先着20組限定です。予約お早めに!)
■Facebookイベントページはこちらから
■申込みはこちらから

対話はただ言葉を発することではなく、誰かの言葉を聞きながら、自身と対話をすることでもあります。
『誰かのなぜだろう?が私のこれだね!』になったりする。

by macco(Atlya執行役員)
この記事を書いたのは… 長尾真紀子

長尾真紀子

執行役員・コミュニティマネージャー
株式会社エモーヴ・You be You株式会社 執行役員/コミュニティマネージャー
健康科学部栄養士課程大学を卒業後、大手化粧品会社総合職として営業・美容教育と20代は仕事に没頭。コミュニティビジネスノウハウを実践から叩き込む7年を経て、2児(男子)の母となる。
子育てに専念する期間も通して感じた〝子育て×働く〟どちらも前進させられる・どちらかを諦めることの無い社会を実現させる場として、子連れシェアオフィス(認可外保育園)コミュニティマネージャーを、立ち上げから2年半務める。2017年6月eMORVinc.に参画。
NPO学芸大こども未来研究所 教育支援フェロー/学芸の森保育園外部運営委員